エルダースクロールズオンライン情報

日本ではあまり人気がないESO

 

日本ではあまり人気がないESO

 

ESOがDMMから配信が開始されて、もう数年が過ぎようとしています。しかし、正直、期待通りの人気作にはならなかったようです。

 

アマゾンなどではESOが半額で売られるようになってしまいました。

 

どうしてこんなことになってしまったのだろうかと考えてみると、これは日本の若者の考え方が大きく変化したことが大きいと思います。

 

たとえば、今の10代後半から20代前半ぐらいの日本の若者は、暇があるとスマホで電子コミックの少年誌やアダルトコミックを見ています。

 

少年誌は、いろんな種類の作品が配信されていますが、たいがい、ほとんどの子供たちがワンピースを読んでいます。

 

それとアダルトコミックがFANZA同人のようなアダルト同人誌配信サービスで大人気になっていてすごい数の作品が毎月配信されています。

 

特に今人気になっているアダルト同人誌のジャンルがNTRやホラーモノなどの新しいジャンルです。人気同人サークルのヨールキパールキが制作したヒット作、S家に嫁いだM嬢の日常のような、独自の官能的世界を描いた同人作品が、すごい支持を得ています。

 

アダルト同人誌なんて10年前では全く人気のなかったアダルトコンテンツでした。しかし、今はこのアダルト同人誌に熱烈なファンがいます。

 

こういう日本人の性に対する考え方の変化をESOがしっかりとゲーム内容の中に取り入れているかと考えてみるとちょっとそれは疑問です。

 

アメリカ製のオンラインゲーム感をそのまま取り入れても日本市場はなかなか攻略できないでしょう。

 

もう少し、萌えキャラや今の同人誌に登場しているような女の子をゲストキャラクターとしてゲームの中に登場させたりが必要だと思います。